蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト キックオフ!


こんにちは、日比野商店街ホームページ担当、村松万友美です。

10月19日(金)、10:00から白鳥庭園にて、
蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクトのキックオフイベントを
一番町保育園の年長さんを招いて開催しました!

20121022-152614.jpg

初めに、日比野商店街 近藤理事長よりプロジェクト開始宣言。

20121022-152827.jpg

続いて、名古屋学院大学地域連携センター 家本先生より概要説明。

20121022-152940.jpg

と言っても、相手は園児さんなので、
「チョウさんと、ミツバチさんがたくさん来るようにお花を植えようね〜」
と、ほほえましいオープニングとなりました。

そして、プロジェクトリーダーの白鳥庭園 川島所長より、花植えの説明。

20121022-153233.jpg

「お花の名前をみんなで3回繰り返して言いましょう」
との川島所長の呼びかけに、みんなで
「ウインターコスモス、ウインターコスモス、ウインターコスモス」
「ビオラ、ビオラ、ビオラ」
と、元気よく花の名前を言いながら、花植えをしました。

イベントには、名古屋学院大学みつばちプロジェクトの学生もお手伝いに来てくれ、
園児たちと一緒に、一生懸命、花植えを行いました。

20121022-153554.jpg

20121022-153618.jpg

近藤理事長、河村副理事長、日比野ひとまちネットの高森会長も参加しました。

20121022-153739.jpg

最後にみんなで記念撮影。

20121022-153835.jpg

この様子は、当日お昼のNHKニュースでも放送され、
朝日新聞にも掲載されました。
朝日新聞Web版の記事は→コチラ

また、昨日白鳥庭園で開催されたイベント「エシカルでいきましょ!」では
原田さとみさん、空木マイカさん、
名古屋学院大学みつばちプロジェクトを指導する水野晶夫教授、
白鳥庭園 川島大次所長の4名により
「蝶とみつばちの舞うエシカル庭園」というタイトルでトークセッションが行われました。

20121022-154648.jpg

当日のステージ前には、キックオフイベントで花を植えたプランターを並べ、
プロジェクトのPRをしました。

20121022-154827.jpg

プランターは現在、一部が一番町保育園に寄贈され、
残りは日比野商店街の店頭に飾られます。

今回は冬を越せる花を植えたので、
次回は3月に各店頭での花植えイベントを計画しています。

万友美 の紹介

2008年3月より3年間、名古屋学院大学地域連携センター職員として、学生運営のカフェ「マイルポスト」でマネージャーとして勤務。日比野商店街の活性化に関わり始める。 2011年4月より、同商店街組合員「白鳥庭園」のスタッフとなり、引き続き、商店街の活性化活動を行う。 同時に、日比野ファン拡大を目指し、月イチの手書き新聞『ひびの新聞』の発行をスタート(2014年9月で一旦終了)。 2013年5月には出産のために白鳥庭園を退職したが、現在も子育てをしながら活性化活動を継続中。 まちづくり以外に【みぎてひだりて】の屋号で、ものづくり活動も行っている。 ブログ「てるてる坊主作家☆万友美の、ものづくりとまちづくり♪」も日々更新中。 【みぎてひだりて】HP→http://www.migitehidarite.jp
カテゴリー: ミツバチプロジェクト, 不二木材工業(株)(フローリング、住宅リフォーム), 白鳥庭園, 蝶とみつばちの飛ぶまちプロジェクト   パーマリンク

コメントは受け付けていません。