経済産業省「がんばる商店街30選」に選定されました!


こんにちは、日比野商店街ホームページ担当、村松万友美です。

前回の記事で「今年最後」と書いたような気がしないでもないですが、
良いお知らせが舞い込んできたので、更新します!

12月25日(水)経済産業省は、 地域貢献・地域経済の活性化などで活躍している
商店街の取組事例を「がんばる商店街30選」として選定し、発表しました。
http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131225005/20131225005.html

その中で、名古屋学院大学との商学連携の評価を受けた
日比野商店街振興組合が30商店街の一つとして選ばれました。

20131226-144002.jpg

愛知県からは日比野商店街だけ!

東海3県からは他に、
岐阜県美殿町商店街振興組合、三重県外宮参道発展会が選ばれています。

これまで「がんばる商店街」は、
2006年「がんばる商店街77選」2009年「新・がんばる商店街77選」
の2回発表されており、今回が3回目となります。

2006年の「がんばる商店街77選」では、
当時、名古屋学院大学との商学連携事業を展開し、
シャッター商店街から活性した「瀬戸・銀座通り商店街」も
商学連携が評価され選ばれています。

がんばる商店街30選は、一度選ばれると、今後選ばれることはないそうですが、
これからも大学と商店街で連携して、
日比野を盛り上げて行きたいと思います!

万友美 の紹介

2008年3月より3年間、名古屋学院大学地域連携センター職員として、学生運営のカフェ「マイルポスト」でマネージャーとして勤務。日比野商店街の活性化に関わり始める。 2011年4月より、同商店街組合員「白鳥庭園」のスタッフとなり、引き続き、商店街の活性化活動を行う。 同時に、日比野ファン拡大を目指し、月イチの手書き新聞『ひびの新聞』の発行をスタート(2014年9月で一旦終了)。 2013年5月には出産のために白鳥庭園を退職したが、現在も子育てをしながら活性化活動を継続中。 まちづくり以外に【みぎてひだりて】の屋号で、ものづくり活動も行っている。 ブログ「てるてる坊主作家☆万友美の、ものづくりとまちづくり♪」も日々更新中。 【みぎてひだりて】HP→http://www.migitehidarite.jp
カテゴリー: ☆商店街からのお知らせ☆   パーマリンク

コメントは受け付けていません。