白鳥庭園 さつき茶会『春浪漫』開催します


白鳥庭園 さつき茶会『春浪漫』

●期間→平成23年4月30日(土)~5月5日(木・祝)

●開園時間→9:00~17:00(入園は16:30まで)

●入園料→大人300円(中学生以下無料)、市内在住65歳以上(要敬老手帳等)100円

期間内の催し物 ※雨天の場合はイベント内容が変更になることがあります。

 

【震災支援チャリティー茶会 さつき市民茶会】

東北関東大震災の復興支援のためのチャリティー茶会を開催します。

茶会席料の一部を義援金として寄付いたします。

5月1日(日)、5月5日(木)には恒例の市民茶会を芝生広場にて野点形式で開きます。

加えて白鳥庭園初の中国茶による市民茶会を4月30日(土)に清羽亭にて開きます。

◎開催時間 10:00~15:30  ◎料金 一席:500円

《湖上春来の席(中国茶)》

湖の春を讃える詩「春来湖上」がテーマ。白鳥庭園の大池を西湖に見立て、

池のほとりに訪れた春を愛でながら、春の香り立つ中国茶を楽しんでください。

◎亭主 日本中国茶文化協会 中国茶 ロ・ヴー 岩崎康直

◎開催日 4月30日(土)  ◎場所 清羽亭 広間、立礼席

◎一席ごとの入れ替え清になります。(一席15名程度)

 当日予約制になりますので、園内散策の前に清羽亭入り口受付にてご予約お願いします。

《さつきの席》

◎亭主 裏千家 久田宗恭

◎開催日 5月1日(日)  ◎場所 芝生広場 野点席

《しょうぶの席》

◎亭主 表千家 水野明水(宗園)

◎開催日 5月5日(木・祝)  ◎場所 芝生広場 野点席

 

【清羽亭展示】  ◎場所 清羽亭 広間  ◎時間 9:30~16:00

《「源流の里」長野県木祖村 木工芸品の展示》

優しい木の文化が息づく里から、手作りの風炉先屏風や花台などの木工芸品を多数展示します。

◎開催日 5月1日(日)

《岐阜県郡上市伝統工芸 郡上本染め鯉のぼりの展示》

奥美濃の手仕事。郡上本染めの技法のひとつ「カチン染め」を用いた鯉のぼりの展示。

薫風をはらみ、鮮やかに勢いよく泳ぐ五月鯉。

岐阜県重要無形文化財 十四代 菱谷安平(渡辺庄吉)

◎開催日 5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)

◎協力 渡辺染物店

 

【緑陰教室】  ◎場所 芝生広場  ◎開催日 4月30日(土)・5月5日(日)11:00~

新緑の白鳥庭園で楽しい体験してみませんか。親子での参加大歓迎です。

《陶芸教室》 講師:陶芸家 小野穣

(1)陶芸教室 参加費1500円

多くの方に手軽に陶芸体験していただくための陶芸入門教室です。

(2)電動ろくろを使っての「ろくろ体験」を1回300円

※作品つくりは陶芸教室でお願いします。

《「羊毛フェルトで作る植木鉢」体験》 講師:フェルト作家 meimei

参加費 700円(材料費込み)

色を混ぜたり好きな模様を付けたりして、オリジナルの植木鉢を作ります。

※作るのは植木鉢のみです。植物、受け皿はつきません。

 

【物産展示、販売】  ◎場所 芝生広場

《長野県木祖村》

木祖川源流の里・信州木祖村の美味しい漬物、木工製品、信州そば、甘酒などの特産物の販売。

《授産施設 守山・白沢作業所》

間伐材を利用した作品の展示・販売。

《飯田農園》

地産地消 中川農園からの直売/糖度8.5以上の甘いトマト。

かつおとコンブを肥料に使い、後味にうま味が残る味の濃いトマト。

《日比野商店街『ひびの逸品グルメ・商品』》

ひびの逸品グルメ・商品などの販売。

 

【震災復興支援チャリティーコンサート】  

◎場所 清羽亭  ◎時間 11:30~/13:30~

《春浪漫オープニングコンサート…ジャンベ奏者 ADEC》

◎開催日 4月30日(土)

《おしゃべりピアニスト ひらめの心の唄~“ありがとう”そして“がんばろう”を歌にのせて~》

◎開催日 5月1日(日)

「0歳から120歳まで音楽大家族!」をモットーに名古屋を拠点に活動。

息の合ったハーモニーは毎回好評で今回20回目の出演となります。

震災支援の想いを歌にのせて届けます。

《ご縁系アーティスト プライナス》

愛知・名古屋を中心にご縁のある様々なステージでの活動を続けてきたご縁系アーティスト。

プライナスが、音に乗せて奏でてきたものは、“こころ”や“いのち”の尊さ。

震災にあわれた皆様のこころに希望のひかりが灯りつづけますように。

【よさこい夢まつり】

◎開催日 5月3日(火・祝)・5月4日(水・祝)12:00~

◎場所 白鳥庭園会場、熱田神宮公園会場

万友美 の紹介

2008年3月より3年間、名古屋学院大学地域連携センター職員として、学生運営のカフェ「マイルポスト」でマネージャーとして勤務。日比野商店街の活性化に関わり始める。 2011年4月より、同商店街組合員「白鳥庭園」のスタッフとなり、引き続き、商店街の活性化活動を行う。 同時に、日比野ファン拡大を目指し、月イチの手書き新聞『ひびの新聞』の発行をスタート(2014年9月で一旦終了)。 2013年5月には出産のために白鳥庭園を退職したが、現在も子育てをしながら活性化活動を継続中。 まちづくり以外に【みぎてひだりて】の屋号で、ものづくり活動も行っている。 ブログ「てるてる坊主作家☆万友美の、ものづくりとまちづくり♪」も日々更新中。 【みぎてひだりて】HP→http://www.migitehidarite.jp
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す