3/21 蝶の蜜源・食草となる春の植え付け会


こんにちは、日比野商店街ホームページ担当の村松万友美です。

みなさん、最近このようなプランターが商店街の各所にあるのをご存知ですか?

20130319-152817.jpg
こちらは今年度から始まった新事業
「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」のプランターです。

こちらのプランターの春の花植えイベントを3/21(木)に開催します。

蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト 2013 初仕事
「蝶の蜜源・食草となる春の植え付け会」

◎日時→2013年3月21日(木)10:00〜
◎場所→名古屋学院大学日比野学舎前スペース(雨天時は日比野学舎エントランスホール)
◎内容→日比野商店街、名古屋学院大学および近隣のひびの保育園園児33名が一緒に、
プランターへ蝶の蜜源・食草となる草花の植え付け作業を行います。

地下鉄日比野駅5番出口を出てすぐの校舎の前です。

20130319-153534.jpg

植え付けを行ったプランターは、日比野商店街各所に設置されます。

20130319-152708.jpg

20130319-152725.jpg

蝶やみつばちは「環境指標生物」と言って、
「蝶やみつばちがたくさんいるまちは、自然豊かである」と言えます。

2010年に日比野商店街が位置する熱田区で開催されたCOP10の地域継承事業として、
2012年10月に発足した「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」。

植え付け作業の見学・参加は自由です。
このプロジェクトをこのまちで盛り上げるため、ぜひご参加ください。

◎協力→白鳥庭園、名古屋学院大学地域連携センター、道の駅加子母
◎問い合わせ→052-681-8928(白鳥庭園、担当:川島)

キックオフイベントの様子は→こちら

万友美 の紹介

2008年3月より3年間、名古屋学院大学地域連携センター職員として、学生運営のカフェ「マイルポスト」でマネージャーとして勤務。日比野商店街の活性化に関わり始める。 2011年4月より、同商店街組合員「白鳥庭園」のスタッフとなり、引き続き、商店街の活性化活動を行う。 同時に、日比野ファン拡大を目指し、月イチの手書き新聞『ひびの新聞』の発行をスタート(2014年9月で一旦終了)。 2013年5月には出産のために白鳥庭園を退職したが、現在も子育てをしながら活性化活動を継続中。 まちづくり以外に【みぎてひだりて】の屋号で、ものづくり活動も行っている。 ブログ「てるてる坊主作家☆万友美の、ものづくりとまちづくり♪」も日々更新中。 【みぎてひだりて】HP→http://www.migitehidarite.jp
カテゴリー: カフェ&ベーカリーMilePost, ミツバチプロジェクト, 不二木材工業(株)(フローリング、住宅リフォーム), 名古屋学院大学, 白鳥庭園, 蝶とみつばちの飛ぶまちプロジェクト   パーマリンク

コメントは受け付けていません。